貫く信念。「未来に誇れる日本」へ

未来を搾取する社会から未来へ投資する社会へ

社会保障と税の一体改革を前へ!

ねじれ国会における与野党の不毛な対立に終止符を打ち、社会保障と税の一体改革で合意し「決める政治」を実現しました。しかし、まだ道半ばです。持続可能な年金制度を構築し、社会保障を安定・充実させるための改革をさらに前進させます。

現実的な外交安保政策で、相互不信の悪循環を断ち切ります!

過激な主張を振りかざす排外主義に陥って我が国は失敗しました。「自らの国は自らの力で守り抜く」との健全な愛国心やナショナリズムに基づいて静かに国防力を強化し、国際社会を味方につけて尊厳ある外交を展開します。力強い外交は、言葉の強さではなく、安定した政権と覚悟のある政治家にしかできません。

エネルギー政策の大転換で、世界の「グリーン革命」をリードします!

民主党は、「原発に依存しない社会」の実現へ向け、エネルギー政策の大転換をしました。既得権益に縛られた旧い政治でもない、国民の生活や命や産業・雇用を無視する「脱原発」でもない、最終処分まで責任をもったリアリティある原発政策を進めます。

民の力を強くする新たな成長戦略で、真に豊かな日本へ!

グリーン・エネルギー革命、ライフ・イノベーション、農林漁業・中小企業を伸ばす、人への投資を重視します。「国土強靭化」に名を借りた大型公共事業計画は利権政治への逆戻り。TPP参加で、40億のアジア市場を日本の内需に取り込みます。

子供・子育て政策で、日本の未来を切り開く!

少子高齢化・人口減少・貧困の世襲化に歯止めがかからなければ国力は衰退します。「チルドレン・ファースト」を掲げ、世界最低水準だった子ども投資比率を1割増やした私たちの政策を、さらに学校や育児の現場の活性化にきめ細かく展開していきます。

被災地の復興を最優先に進め、つぎの災害に万全の備えを!

国民の生命と財産を守ること、それが政治の要諦です。東日本大震災からの復興事業を加速化するとともに、災害に強い街づくりに全力を挙げます。とくに首都直下型地震に備え、都内の中核病院で水、電気、医薬品等を自給できる仕組みづくりは急務です。

身を切る政治改革で、国民の信頼を取り戻そう!

最後の党首討論で野田総理が提案した議員定数の削減が野党の反対で実現しなかったことは残念です。定数削減が成るまで議員報酬を2割カットし、世襲制の撤廃を実行しましたが、さらに進めて、機能不全に陥った二院制の見直しも断行します。

  前衆議院議員 長島 昭久 拝